HOME

 

新着履歴情報

常に転職を意識する

終身雇用は少し前までは普通のことだったはず。それが今では、自分が就職した企業が、定年まで存在する確率の方が低くなる時代になってしまいました。転職することが珍しくもなく、むしろキャリアアップのために転職する人も増えています。
その一方で、給与や勤務内容などへの不満や、ワークライフバランスがうまく取れないといった理由などで転職を考える人も急増しています。その陰で、育児や介護のためにキャリアをあきらめる人も少なくありません。
昔と違い、いつ転職する必要に迫られるかわからない時代になっているのだと気持ちを切り替え、常に転職を意識しておく方がよいのかもしれません。今のキャリアや立ち位置を把握しておくことや、キャリアアップとしての勉強も考える必要があります。
転職市場での自分の人材としての価値を知っておくことも、いざという時に役立ちます。どの部分を強化すればより求められる人材になれるのかを知っていると知らないとでは、非常に大きな差になってしまうからです。育児や介護などでキャリアの空白期間が生まれる場合も、その間何をするのかによってその後が大きく変わってきます。忙しさから自分のキャリアについて何もできなかったとしても、意識するとしないとでは全く違います。
転職する理由は様々です。最初から転職するつもりで就職する人もいるでしょう。逆にできるだけ長くその企業で働くことを希望する人もいます。自分がどう社会とかかわっていきたいのか、常に考えながら仕事をしていく時代になったように思えます。

HOME